病院に行くお金がない人必見!診療代は大幅に抑えられる

体が不調なのにもかかわらず、お金がないという理由で病院に行けないのは辛いですよね。

ただ、生活費などにお金がかかりすぎて、病院にかかるための急な出費をまかなえないという人は想像以上に多いんです。

そこで、ここではお金がないという状況でも病院にかかることができる方法や診察代を大幅に抑える方法などについて解説していきます。

医療費の分割払いや後払いを相談してみる

意外と知らない人も多いですが、実は医療費は分割払いや後払いに対応してくれることがあります。

病院に行きたいのにもかかわらず、お金がないという理由で病院に行けないという場合には、まず分割払いや後払いを考えるといいでしょう。

この制度は経済的な事情を理由にして、誰でも相談することができますし、もっとも気軽に行える対策法です。

ただし、すべての医療機関で後払いや分割払いに対応しているわけではありませんので、かならず事前に相談をする必要があります。

対面で直接相談するのが恥ずかしいという場合には、事前に電話で相談するのがおすすめです。

分割や後払いができない場合には、無料低額診療制度の利用を考える

医療機関に相談をしても、分割払いや後払いに対応してくれるところを見つけられなかった場合には、『無料低額診療制度』というものが利用できないか考えてみましょう。

無料低額診療制度というのは、災害や失業などの理由によって一時的に経済的な困窮に陥っている人を対象に、無料で診療を受けることができるサービスです。

全日本民医連の公式ホームページによれば、『無料低額診療制度』は以下のように解説されています。

無料低額診療事業とは、低所得者などに医療機関が無料または低額な料金によって診療を行う事業です。厚生労働省は、「低所得者」「要保護者」「ホームレス」「DV被害者」「人身取引被害者」などの生計困難者が無料低額診療の対象と説明しています。

出典:【民医連】医療費でお困りの方はご相談ください

この通り、厚生労働省によって無料低額診療の対象者は明確に決められているので、自分自身がそれに該当しているかどうかをまずはチェックする必要があります。

該当していると思われる場合には、自分の住んでいる地域の役所(生活福祉課)に相談し、利用可能であるかどうかの審査が行われます。

各自治体によって流れは変わりますが、収入証明書や本人確認書類などは基本的に必要になりますので、事前に用意しておくようにしましょう。

大幅には安くならないけど、知っておくと便利な医療費を抑える方法

『現時点で支払いに困っているけど、どうしても病院に行きたい』という場合には、上に挙げた2つの方法どちらかを取るのがおすすめです。

ここからは、上に挙げた2つの方法よりは安くならないけど、知っておくと便利な節約術を紹介します。

ジェネリック医薬品を利用する

診療代も高いですが、何よりも大きいのが薬代ですよね。

そんな薬代を少しでも安くするためには、ジェネリック医薬品の利用を検討しましょう。

なかにはジェネリックが開発されていないものもありますが、近年は多くの薬に対してジェネリック医薬品が用意されるようになりました。

金額としては、先発医薬品の2割~5割り程度の金額に抑えることができるため、薬代に悩んでいる人にとっては馬鹿にできない金額が節約できますよね。

クレジットカードで後払いをする

もしクレジットカードが使えるのであれば、診察代や薬代をクレジットカードで支払うことで後払いにすることができます。

どんなに長くても1ヶ月後には支払いをしなければならないわけですが、『給料日が来ればなんとかなる』という場合には使える方法ですね。

同じように、カードを使えるのであれば分割も実質可能です。

場合によってはリボ払いにすることによって、手元のキャッシュを多く残すことも可能なので検討してみるといいでしょう。

医療費の支払いにキャッシングはよく利用される

一時的に支払うことができない医療費の出費に対して、消費者金融などのキャッシングを利用するという方法はよく用いられています。

実際に、『今手もとにお金はないけど、次の給料日には支払えるのに。。。』という人の大半は、キャッシングを利用しているようです。

というのも、大手消費者金融の場合、期限内に返済すれば無利息というサービスがあるため、医療費などの少額を賄うためにはとても便利なわけです。

さらに、最短当日の即日融資に対応しているため、『今すぐお金を借りたい』というニーズともマッチしています。

今すぐお金を用意しなければ大変な状況にあるという場合には、検討してみてもいいでしょう。

医療費の支払いにおすすめの即日融資に対応してる金融会社はこちら

入院や手術などを伴う大きな出費の場合

『お金がなくて病院に行けない』と悩んでいる人の大半は、身近な診療所やクリニックに支払う金額すらなくて困っている人だと思います。

しかし、一部には大きな怪我や病気をして、入院または手術を伴う高額な出費に悩んでいる人もいるかも知れません。

もしそういう状況にある場合には、まず保険会社に相談をし、現在加入している保険で賄うことができないかどうか?を検討しましょう。

保険が無理な場合でも、高額医療費支給制度などは利用できる可能性があります。

参考:全国健康保険協会『高額な医療費を支払ったとき』

高額医療費支給制度は定められている上限を超えた場合に、その超過部分を払い戻してくれる制度で、医療機関にかかれば案内があるでしょう。

ちなみに、上限額は年齢や所得によって決まっており、75歳を超える場合には高額医療費支給制度ではなく、後期高齢者医療制度の対象になります。