安心安全!すぐ返すなら無利息でお金借りることも可能!

『毎月継続的にかかる固定費が、今月はたまたま足りなくなってしまった!!』

そんなときありますよね。

支払いに遅れるわけにいかないけど、だからといってそんなに大きな金額が必要なわけでもない。

数万円程度で、給料日が来ればすぐに返せる程度のお金を借りたい場合には、大手消費者金融がおすすめです。

実は、すぐに返せるという場合、銀行や国、市区町村などから借りるよりも、大手消費者金融なら断然お得にお金を借りることができるんです。

大手消費者金融の驚くべき制度『無利息キャンペーン』

意外と知らない人が多いのが、この無利息キャンペーンです。

一度でも消費者金融を利用したことがある人なら知っている人も多いと思いますが、今までにお金を借りたことが無いという人にとってはあまり馴染みのない制度のようです。

一定期間内に返済すれば、なんと無金利!

大手消費者金融が展開する無利息キャンペーンとは、一定期間内に借りたお金を返すことができれば利息がかからない制度のことをいいます。

ここでいう『一定期間』というのは、金融機関によって異なります。短いところだと10日程度、長いところだと1ヶ月程度ということろが多いです。

大手消費者金融であれば、少額を借りた場合、基本的には上限金利である18%前後が適用されます。しかし、この制度を利用することによって、本来かかってくるはずの18%前後の金利がゼロになるのです。

例えば、金利18%で10万円を30日(1ヶ月)借りた場合、およそ1,479円の利息が発生します。

1,479円という金額だけを見ると小さいと思うかも知れませんが、これが0円になると考えるととても大きく感じられるのではないでしょうか?

返済可能な時期から逆算して借りるところを選ぼう

現在、日本の大手消費者金融に数えられるプロミス、アイフル、アコム、モビットのうち、モビット以外は無利息キャンペーンを行っています。

ただし、このキャンペーンの適用期間や実施の有無については、タイミングによって違いますので必ずご自身の目で判断するようにしてください。

具体的には、プロミス、アイフル、アコムの公式サイトを見てみて、無利息キャンペーンの適用期間を確認してください。

自分が返済可能な時期から判断して、どれくらいの期間であれば返済可能なのかを考えましょう。

例えば、給料日が25日で、今日が10日だとします。給料日になれば全額返済することが可能という場合、無利息キャンペーンの期間が10日だと無理ですが、1ヶ月のところでは借りられますよね。

このようにして、返済可能日から逆算して日数を考えるようにしてください。

押さえておきたい!無利息キャンペーンを選ぶ際の注意点

無利息キャンペーンを選ぶときには、適用期間だけではなく、その期間の適用開始時期(タイミング)についてもしっかりと確認しておくようにしましょう。

実際に消費者金融の公式サイトを見てみると、同じ30日間の無利息キャンペーンであっても『契約日の翌日から30日間』と、『利用日の翌日から30日間』の2つがあることが分かります。

契約日というのは申込みを行って審査に通過した後、契約書面に同意した段階を言います。

一方、利用日というのは契約書面に同意した後、実際にお金を借りた段階のことを言います。

使いやすいのは『利用日基準』

当たり前ですが、契約日基準のところと、利用日基準のところでは、利用日基準の方がおすすめです。

本当に今すぐお金を借りるのであれば良いですが、何らかの理由や事情によって契約後にある程度の日数が空いてしまう可能性も考えられます。

その場合、もし契約日基準だと契約を結んでから実際にお金を借りるまでの数日間を無駄に消費してしまうことになるわけです。

利用日基準のところであれば、契約を結んでいても実際に利用するまでは無利息期間にカウントされないので、無駄に日数を消費してしまうこともありません。

2019年現在、アコムとアイフルは契約日基準をとっていて、利用日基準を採用しているのはプロミスのみです。

そのため、無利息キャンペーンを安心して利用したいという場合には、プロミスを選択するのが賢いと言えるでしょう。

プロミス公式サイトはこちら