ブラックだけどお金を借りたい!信用情報に傷がある場合どんな金策手段がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

過去に自己破産や債務整理などをしていたり、クレジットカードの支払いなどで延滞を繰り返してしまった場合には信用情報に傷がついてしまいます。

「CIC」や「JICC」、「KSC」などといった個人信用情報機関が信用情報を提供しており、ここに何らかの事故情報(異動情報)が記録されている状態を『傷がある』や『ブラックリストに載った』などと表現されるわけですね。

この事故情報は情報機関によって掲載されている期間に差があり、少なくとも5年、長いと10年は事故情報が掲載され続けます。もし、信用情報に傷が付いている状態でお金を借りたいと思っても、審査の段階ですべてはじかれてしまいます。

しかし、事故情報があっても、どうしてもお金が必要なときってありますよね。そんなとき、どうしたら良いのでしょうか?

ここでは信用情報に不安を抱えている人におすすめの金策手段や解決方法などを解説していきます。

資産を持っていない限りお金を借りるのは難しい

残念ながら、土地や建物などの有形固定資産などを持っていない限り、信用情報に事故歴がある状態でお金を借りるのは難しいです。というより、ほぼ無理と言っていいでしょう。

資産というのは土地や建物でなくても、株式や金などでもOKです。他にも担保として使える資産性のあるものを保有している場合には借り入れできる可能性はあります。

参考:無職でも可能?土地を担保にお金借りる方法とは

ただ、信用情報に傷がある人の多くは『そもそも資産なんてないよ!』という人が大半だと思います。この場合、お金を借りるという発想ではなく、お金を作り出すという方にフォーカスしてみましょう。

金策の手段というのはお金をかりることだけではありません。

ネット環境が整っているのであればネットを活用して稼ごう!

今このページをご覧の方は、おそらくそこまでネットに疎い方ではないと思います。そもそもネットに疎かったら、このページをネット上から探し出してみることもできないはずです。

もし、PCなどがあり、ネットを使える環境が整っているのであれば、ネットを使ってお金を稼ぐ方法を考えてみましょう。

ネットでお金を稼ぐというと難しく思われるかもしれませんが、別にビジネスをしろと言っているわけではありません。近年はさまざまなサービスが出てきており、ネットひとつでサラリーマンの月収以上を稼ぐ人も珍しくなくなってきました。

そのサービスの代表例がクラウドソーシングサービスです。クラウドソーシングというのは、ネット上で『何かをやってもらいたいクライアント』と『働きたい人』を結びつけるサービスのことを言います。

いろいろなお仕事があり、専門スキルを活かせる仕事から口コミの投稿やアンケートなど、誰でもできるような仕事まで多種多様です。

簡単な仕事の場合にはその分得られる報酬も少ないですが、仕事をされている方でも、スキマ時間に作業できるという面では非常にメリットの大きい働き方だといえるでしょう。

以下、クラウドソーシングサービスで有名なサービスを2つほど紹介しておきます。

もう少しで記録が消える場合には乗り切るという選択肢も

事故情報は信用情報機関によって掲載されている期間が違うと前述しました。

詳しくは下記の通りです。

記録内容 CIC JICC KSC
契約内容 5年 5年 5年
長期延滞 5年 1年 5年
任意整理 5年
個人再生 5年 10年
自己破産 5年 5年 10年

このように信用情報の内容や機関によって掲載される長さが違います。今現在、自分が不安に感じている信用情報の事故内容と照らし合わせて、どれくらいの期間掲載されているものなのかを見てみてください。

もし、年数を調べて半年や数ヶ月待てば事故情報が削除されるという場合には、その期間が経過するまでなんとか耐えてみるという選択肢もあります。

事故情報が消えた場合には、通常通り消費者金融等にも申し込みが可能になりますので、新規の借り入れを考える余地も出てきます。

     
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。