低所得者OK!パートでもお金借りれる方法はこれ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活をしているなかで、急にお金が必要になることってありますよね。

低所得者やパート、アルバイトの人はお金を借りることが出来ないと思われがちですが、実際にはお金を借りることは十分可能です。

お金の使い道は人それぞれですがお金を借りることが出来れば生活に余裕が出来ますし、借りたいときに借りたい分だけ借りられるというのはとても便利ですよね。

そこで、今回は低所得者でもパートでもお金を借りれる方法について詳しく解説していきたいと思います。

パートで借りれるのは銀行か消費者金融か

パートの人でもお金を借りることは出来ますが、いざ借りるとなったときに迷うのが銀行か消費税金融どちらから借りるのか?ということです。

これは結果から言うとどちらでも借りることは可能です。

ただ、注意しなければならないのは銀行系カードローンの審査をパートやアルバイトの人が通過しようと思うとかなりハードルが高いということ。基本的に銀行系カードローンは審査基準が高く、正社員として働いている人でも落ちる人が続出するようなものです。

どちらがいいのか?という点については一概にいうことはできませんが、以下のように考えておくと分かりやすいでしょう。

  • とにかく金利を安く抑えたい→銀行
  • 金利よりも審査スピードや通りやすさを重視したい→消費者金融

※金利が安いとは言っても、銀行と消費者金融の金利は平均して3%程度しか変わりません。

金利については消費者金融にも大きな魅力がある

意外と知らない人も多いのですが、消費者金融にも金利面で大きなメリットがあります。一般的には消費者金融=金利が高いというイメージがあるため、金利面でメリットがあると聞くと意外に感じる人も多いでしょう。

実際に大手消費者金融の公式ページを見てみると分かりますが、積極的に『無利息キャンペーン』というものを展開していることに気付くでしょう。

この無利息キャンペーンは一定期間内に返済することができれば、金利は0円になるという非常に魅力的なサービスです。短期的にお金を返済できる計画がある場合や少額の借入の場合には消費者金融でお金を借りることで大きなメリットを享受できるはずです。

パートではいくらまでお金を借りられるのか

カードローンを利用してお金を借りる場合にはパートではいくらまでお金を借りることが出来るのかですが人によって変わってきます。
収入や勤務先、勤続年数などによって借りられるお金が異なる事が理由ですが、一般的には10万円から30万円と言われています。
人によって審査で50万円まで借入ができた人もいますが、稀なケースなので現実的に考えることが大事です。
パートで借りられる金額は多くても30万円程と考えておくとよいですが、注意点として総量規制については覚えておくべきと言えます。
お金を借りる場合には総量規制により年収の1/3までしか借りることが出来ないのです。
カードローンの申し込みをする場合には収入証明を提出する事を求められますが、出来ない場合には借りられる金額は多く望めないと考えて良いでしょう。

借りる為には条件のクリアが必要

パートの人でもお金を借りることは出来ますが、誰でも借りれる訳ではなく借りる為の条件をクリアする必要があります。
審査は必ず借りる為に避けては通れない道で、その審査で重視していることが返済能力と信用力になります。
長く同じ職場で働いている事などが大事になってきます。
審査次第ではありますがパートでお金を借りる為には勤続年数は最低1年以上必要であると言えます。
加えて安定した収入があるかと言う事も条件に当てはまります。
お金を貸す立場からすれば返済出来ない人にお金は貸すことはしないので自身の収入も考えておく必要があると言えます。

在籍確認はパートではあるのか

在籍証明と聞くとあまりイメージは良くないと思いますが、結果から言うとお金を借りる際にはパートでも在籍確認は必ずあります。
カードローンを申し込みする時に勤務先を書くがあり、勤務先に審査の担当者が電話を掛けて確認します。
申し込みに記載されている勤務先に勤めているかの確認だけなので、在籍確認で会社に電話がくると思うと不安になる人もいると思いますが、勤続年数や年収などは聞くことはないので安心して大丈夫です。
パートで働いていて勤務先に電話が来ることが望ましくない人は本人確認時に担当者に相談してみるとよいですね。
低所得者でもパートでも誰でもお金を借りる際に勤務先に在籍確認の電話がくると言うことは覚えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。