諦めないで!銀行からお金を借りれない人の特徴と借入の仕方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

銀行からお金を借りようと考えられる方はたくさんいますが、誰でも融資を受けられるとは限りません。審査の段階で弾かれてしまい、結局銀行からお金を借りることができなかったというケースも十分に考えられます。銀行の融資審査に通る人と通らない人とではどのような違いがあるのでしょうか。今回は銀行からお金を借りられない人の特徴とその借り入れの仕方についてご紹介していきます。

銀行は何を基準にして審査を行うのか

銀行は慈善事業ではありませんので、貸したお金は利子をプラスして返ってくるという目論見のもと貸し出しを行っています。そのため融資の申し込み希望者が、お金を貸し出すにあたって確実に返済してくれる見込みがあるかを審査するための厳格な基準があるのです。
審査される項目はいくつもありますが、その中でも銀行が重視している要素は大きく分けて二つあります。一つは安定した収入があるかどうか、そしてもう一つは滞納などの返済事故の有無です。

収入が低いあるいは不安定

銀行のローンは毎月の返済日に滞りなく支払いが行われるということを前提に貸し出されるものですので、安定した収入が毎月あることが重要です。
フリーターや非正規社員よりも、大きな企業の正社員のほうが毎月の安定した収入が期待できますので審査には有利になります。アルバイトをしているけれども稼働日数が少なくて毎月の収入が少なかったり、収入がある月とない月があるという場合には厳しく審査されます。
これまで安定した収入があったが、今現在は無職だという方も審査通過は難しいでしょう。これは返済能力が無いとみなされて審査が不利になるというだけではなく、融資の総額は年収の1/3以内に収めなければならないという「総量規制」という法律の制限があるためでもあります。安定した収入がないためにお金に困って借り入れの申し込みをしているのに、それを理由に審査で落とされるのは理不尽だと感じるかもしれませんが、銀行の立場にとってみれば仕方のないことでもあります。

信用事故は起こしていないか

銀行は初めてお金を借りに来た人が信用できるかどうか、健全な経営を行っていく上でしっかりと根拠をもって判断する必要があります。その際に利用される情報が、申込者の信用情報になります。
信用情報とは氏名や住所のほか、過去の借入履歴や返済事故の有無など、お金を貸し出す判断の材料となる個人の情報のことを指します。
これらの情報は信用情報機関に登録されていて、必要に応じて金融機関が参照できるのですが、この信用情報に傷がついている場合は新規の融資審査に通りにくくなります。
過去に借り入れを行い滞納をしてしまったり、強制解約されてしまったなどのケースでは、当該の金融機関がその情報を信用情報機関に登録をします。
そのためたとえ別の金融機関から借り入れを行おうとしても、上記の事故情報によって融資を拒否されてしまうのです。
2、3日程度の延滞であれば問題視されないケースもあるにはありますが、何度も返済を遅延していたり、長期にわたって滞納をしてしまった場合には、新規の借り入れは困難でしょう。
信用情報機関はCIC、JICC、全国銀行協会などいくつかありますが、このような債務不履行の履歴は共有されている場合が多く、返済事故の情報は延滞債務の完済から5年程度残ります。
そのため過去に滞納して信用事故を起こしてしまった場合には、銀行から借り入れを行うことは難しいでしょう。ただし融資はあくまで個人個人の事情に即して行われます。たとえ過去に信用情報を傷つけるようなことをしてしまっていたとしても、今現在は安定した収入と勤務先があり、直近の属性が改善されていれば、借り入れを行うことが可能な場合もあります。

多重債務は控えた方がいい

複数の金融機関から借り入れを行っている場合も、そのような状態で銀行に新規の融資を申し込んでも断られるケースがほとんどです。いわゆる多重債務と呼ばれる状態で、返済計画に無理がある人とみなされてしまうのです。債務の一本化を行うおまとめローンに申し込みをするにしても、直近の滞納履歴があれば難しい場合があります。

返済は滞りなく行いましょう

これまで見てきたように、銀行からお金を借りられない人の場合、銀行がお金を貸し出したいと考える理想の人物像とは真逆の特徴を持っていることが多いです。
つまり、安定した収入がない、過去に債務不履行を起こしている、あるいはこれからの返済が滞りそうである、複数の金融機関から無計画に借り入れを行っている、などの要素のいずれかに当てはまる人です。
このようなケースでは、申込者が確実に返済してくれるという信用を勝ち取ることができませんので、融資を断られてしまう傾向があります。
たとえお金が必要になって借り入れを行うとしても、毎月の返済をしっかりと行って実績を積み、各金融機関から信用されるよう心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。