カードローンの在籍確認って何を聞かれる?電話がないところもある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

初めてお金を借りる人を中心に、在籍確認について不安を持っている人はかなり多いようです。

在籍確認というのは審査の上で、勤務先に本当に働いているのか?という確認の電話が入ることをいいますが、『勤務先にお金を借りていることがばれるのはちょっと・・・』って思いますよね。

ただ、実際は在籍確認って多くの人が想像しているような怖いものではありません。

ここではカードローンやキャッシングの審査で必ずといっていいほど行われる在籍確認について詳しく紹介。初めての人でも分かりやすいように丁寧に解説しました。

そこまで怖いものではない?在籍確認について詳しく知ろう!

在籍確認という言葉を聞いただけで嫌なイメージを持つ人は多いと思います。ただ、在籍確認といっても別に申し込んだキャッシング会社の名前で電話をかけてくるわけではありません。

例えば、大手キャッシング会社のひとつプロミスでは、審査部の担当者の個人名で電話をかけてきます。その際も、『プロミスの田中ですが、○○様はいらっしゃいますでしょうか?』といったように会社名(プロミス)を出すことはありません。

これはプロミスだけではなく、他の大手キャッシング会社も同様です。勤務先にお金を借りていることをバレたくない!と思う人は少なくないので、プライバシー保護のためにもキャッシング会社は配慮しているんですね。

在籍確認ではどんなことを聞かれるのか?

ネットで検索をしていると、在籍確認が来て勤務先にキャッシングやカードローンを利用していることがバレてしまったという人もいます。

このような事実を知ってしまうと、どうしても怖くなりますよね。

ということで、実際に在籍確認の電話がかかってきたという体験者やキャッシング会社の関係者の方の話を参考に、一連の流れをまとめてみました。

キャッシング会社担当者A
『Aと申しますが、〇〇さんをお願いできますでしょうか?』

勤務先の担当者
『失礼ですが、どのようなご用件でしょうか?』

キャッシング会社担当者A
『〇〇の知り合いなのですが、携帯電話にかけたところ繋がらないため以前勤務先の番号として伺っていた、こちらにお電話させていただきました。』

大手キャッシング会社であれば、おおむねどこでもこのような流れになります。

在籍確認が行われた際に、自分自身が出勤している場合には電話を取り次いでもらい、担当者の人と話します。このときに始めて在籍確認のために電話させていただいたということと、キャッシング会社の名前を名乗ります。

一方、在籍確認の電話がかかってきたときに自分自身が会社にいなかった場合でも、会社の担当者から『△△の要件により、〇〇は現在外出しております。』といった内容が聞ければ在籍確認は完了します。必ずしも、自分自身が電話に出る必要はないということですね。

在籍確認でキャッシングの利用がバレる経緯

上で見たように、キャッシング会社はプライバシーに考慮し、どこから何の目的でかかって来ているのか?ということを会社側にバレないようにしてくれます。

しかし、いくらバレないようにしても、100%ばれないというわけではありません。在籍確認によって会社側にばれてしまうケースとしては、以下のような状況が想定されます。

    仕事柄、会社に対して個人名で電話がかかってくるのはおかしいと判断されるケース
    電話に出た後の会話の内容を聞かれて周りの社員から怪しまれるケース
    自分の働いている会社が在籍確認に慣れていて、担当者の喋り方や会話の内容で察してしまうケース

1つめに関してはキャッシング会社が友人や知人を名乗っている場合には問題ありません。ただ、どこかの会社や取引先の担当者を名乗って個人名でかけて来た場合には、職種によってはおかしいと判断されることがあります。

例えば、事務職や工場勤務で社外の人との個人的な取引はないはずなのに、別会社から直接電話がかかってくるのはおかしいですよね。最近では職種や職業などから在籍確認の内容自体も考慮してくれる傾向にあるようなので、そこまで心配はいらないかもしれませんが、可能性としては考えられます。

また、2つ目に関しては自分自身が出た後に、その会話内容を周りの社員に聞かれてしまうことによってばれてしまうというケースです。というのも、電話を変わった後には、生年月日などで本人確認を求められることがあり、これを不審に思われる可能性があるのです。

最後のケースに関しては、大企業の場合に多く、基本的には防ぎようがないと言えるでしょう。

実は大手キャッシング会社でも在籍確認無しのところがあった!

冒頭で『必ずといっていいほど行われる在籍確認』と言いましたが、実は大手キャッシング会社のなかにも在籍確認をしないところがあるんです。

というよりも、近年は大手キャッシング会社のほとんどで、ある条件を満たせば在籍確認を省略できるという仕組みになってきました。

そのなかでも在籍確認無しの先駆け的存在なのがSMBCモビットです。

モビットはWEB完結という申し込み方法を取ることで、職場への連絡や自宅への郵送物を一切なしで借入を行うことができるという業界震撼のシステムを採用しました。

WEB完結が利用できる条件としては、以下の通りです。

  • 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、のいずれかに口座を持っていること
  • 社名入りの保険証もしくは収入証明書を提出できること

この2つの条件を満たしていればWEB完結を利用することができます。

他の大手キャッシング会社でも在籍確認無しにできる可能性がある?

申し込みの段階から無条件で『在籍確認無し』かつ『自宅への郵送物なし』になるのはSMBCモビットのWEB完結だけですが、他の大手キャッシング会社でも在籍確認をなくせる可能性はあります。

というのも、在籍確認に抵抗を感じる人が増えてきた傾向を考慮して、大手では代替案を考えるようになってきたためです。

具体的には、ネットから申し込みをした後に掛かってくる本人確認の電話の段階で担当者に相談をしてみましょう。相談の仕方としては直接ストレートに『在籍確認の電話をしてほしくない』ということを伝えれば大丈夫です。

在籍確認無しでも審査を行えるかどうかはその人によって変わってくるため一概には言えませんが、絶対に在籍確認はされたくない!ということであれば『在籍確認無しでの審査が無理であればキャンセルをお願いします』ということも合わせて伝えておきましょう。

     
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。