3万円で良いから借りたい!少額融資にピッタリなキャッシング会社はどこ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

「あと3万円でもいい!どうにかならないだろうか…」と少額でもいいから今すぐ借りたい!という状況に直面していませんか?

『支払い期限がすぐそこまで迫っていて、どうしてもあと数万円足りない。。。』、『今月乗り越えればなんとかなるのに。。。』

そんなときに頼りになるのが銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング機能です。少額の融資をより楽にお得に利用できる情報を紹介していきます。

手軽に借りられるクレジットカードのキャッシング機能

借金をするという緊張感があまりなく手軽に借りられるという意味では、手持ちのクレジットカードのキャッシングが当てはまるのではないでしょうか。セブンイレブンやイオンなどの流通系のクレジットカードなどは、近くの各店舗はもちろん、提携先のコンビニや銀行のATMですぐに引き出せます。

また、近隣に自社のATMがないカードの場合でも、ネットや電話でカードの引き落とし口座に即日入金してもらうことができます(銀行の営業時間に限られます)。返済はカードの支払いと合わせて請求されますし、リボ払いも可能ですので、支払いの管理が容易に出来るのもメリットと言えます。

キャッシング機能付きのクレジットカードを持っていない…

キャッシング枠の付いているクレジットカードをすでに持っているのであれば今すぐお金を借りられますが、手許にキャッシング機能付きクレジットカードを持っていない場合にはすぐに借りることはできません。

クレジットカードの場合、申し込みから審査完了、そしてカード発行まで、どう早く見積もっても2週間以上の時間がかかってしまいます。支払いが目前に迫っていて今すぐにお金を借りたい!と思っている場合には2週間なんて到底待ってられませんよね。

そんな状況で頼りになるのが消費者金融です。プロミス、アコム、アイフル、レイク、モビットなど大手の消費者金融では、申請後最短30分で審査が完了。それから最速30分以内に指定の口座に振込が可能です。

銀行の営業時間外でも自社やコンビニのATMを利用すれば、24時間借り入れをすることができます。24時間対応でない消費者金融の場合でも、22時ごろまで即座にお金を借りることができるのは、消費者金融の最大の強みでしょう。

消費者金融とクレジットカードを使ったキャッシングって何が違うの?

消費者金融でお金を借りるのも、クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りるのもほとんど変わりません。クレジットカードを使ってお金を借りる方が抵抗がないという人も多いようですが、金利や返済方法などに違いはありません。
違いといえば、新規申し込み時の審査スピード(借入スピード)と、限度額でしょう。上で解説したように借り入れまでのスピードは圧倒的に消費者金融の方が早いです。一方、限度額についても消費者金融の方が大幅に高く設定されています。
クレジットカードのキャッシング枠は通常上限300万円程度ですが、消費者金融の場合には800万円程度まで引き上げられる可能性があります。
無論、この上限はどちらも利用実績があることが条件ですが、当初利用額で比べてみてもクレジットカードが10万~20万円に対して、消費者金融は10万~50万円と圧倒的に消費者金融の方が高くなっています。

とにかく金利を安く借りたいなら銀行系カードローン

カードローンなどでお金を借りる場合、もっとも金利が低く借りられるのは銀行系です。三菱UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクや、地方銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行などのネット銀行、セブン銀行などの流通系の銀行などが、独自のカードローンを提供しています。

金利はたいていのところで1~15%前後のところが多く、全体的に消費者金融の金利より低く設定されています。そのため、ある程度まとまった大きなお金を借りるのであれば銀行系で借りたほうがお得になる傾向にあります。

ただし、銀行系カードローンは審査時間が長く、申し込み条件も厳しいため審査落ちしてしまう人が多いという特徴もあります。上限金利で比較して銀行系は消費者金融よりも約3%程度低いわけですが、この差をどのように見るのか?というのは人それぞれ違います。

3%を大きいと感じて、少しでも低金利でお金を借りたい!という場合には、銀行系カードローンに申し込むのがおすすめです。

消費者金融には無利息キャンペーンなどのメリットも

一般的に金利が高いというイメージのある消費者金融ですが、使い方を工夫することによって銀行系カードローンを同じか、もしくはそれ以下で借入することも可能なんです。

すでに多くの人がご存知のように、大手消費者金融の多くは無利息キャンペーンというものを積極的に展開しています。このキャンペーンは、例えば申し込みから30日間の間は金利が一切かからずに無利息でお金を借りることができるというサービスです。

このキャンペーンをお勧めしたいのが、まさに3万円などの少額を借りたいという場合なんです。上の例のように、30日間無利息キャンペーンを行っている消費者金融で3万円を借りた場合、もし30日以内に返済をすることができれば利息ゼロでお金を借りることができたということになります。

3万円などの少額を借りたいという人の多くは『数日後の給料日まであと数万円足りない』という状況にあるようです。もし、数日後であれば借入した少額を返済することができるのであれば、この無利息キャンペーンは非常に大きなメリットがあるといえるでしょう。

ちなみに、大手消費者金融のなかでも無利息キャンペーンに特に力を入れているのがレイクALSAです。レイクALSAでは、5万円までの借入の場合180日間が無利息となります。

このように、消費者金融は少額を借りたいという人に対してメリットの大きい魅力的なサービスを展開していることがわかるでしょう。

大手消費者金融であればコンビニのATMなどから柔軟な返済が可能

返済は通常支払期日に、指定の銀行口座から引き落としとなります。ただし、利息は日々付いていきますので、なるべく早く返したいという方も多いのではないでしょうか?

近年はコンビニに設置されているATMとの提携を結んでいる消費者金融や銀行も多くなってきており、とても柔軟な返済が可能になっています。

今までは当初決めた返済日に一定額しか返済することができなかったのが、今では手許に現金ができたときにすぐ返済することができるようになっています。

中小の消費者金融だとコンビニATMと提携を結んでいない会社も多いため、フレキシブルな返済ができないことも多いのですが、大手消費者金融であれば近所のコンビニからいつでも返済が可能です。

ましてや少額であれば、ふとした時に予定よりも返済が早く可能になるということもあるでしょう。こういった時に近くのコンビニからいつでも返済できるというのは大変便利ですね。

消費者金融はプライバシー保護という面でも秀でている

消費者金融と銀行を比べた場合、金利面では銀行が勝りますが、審査スピードと返済の柔軟さ、キャンペーンの豊富さなどでは消費者金融に軍配が上がります。

ただ、実はこのほかにも消費者金融の方が優れている要素があります。それが『プライバシー保護』です。

銀行にカードローンを申請すると、ネット銀行などの一部の銀行を除いては、まずほとんど職場への在籍確認が行われます。もちろん、個人名で電話をしてもらうことも可能ですが、メガバンクや地方銀行など、地域の信用度の高い銀行などは逆に銀行名を出してもらった方が怪しまれずに済むかもしれません。

一方、消費者金融の場合には少額の借入の場合在籍確認自体が行われないことも多く、3万円~5万円程度の借入であれば会社にばれずにお金を借りることも十分可能になってきます。

もし、それでも在籍確認の心配がある場合でも、大手消費者金融であれば金融会社であることを悟られないように在籍確認を行うように工夫してくれます。例えば、取引先や親族などの個人名を名乗って電話してきますので、在籍確認時にお金を借りていることがバレるという心配はほぼないでしょう。

また、郵便物についても細心の注意を払ってもらえます。以前は契約内容などが記載された郵便物が自宅などに送付されてきてしまい、それがきっかけで家族にばれてしまうなどということもありましたが、最近は郵便物自体を送らない消費者金融や、匿名で郵便物を送ってくる消費者金融も多くなってきています。

お金を借りていることを家族や会社にばれたくないという気持ちは多くの人が抱きます。その悩みに対して上手く対策を講じているのが消費者金融なんですね。

まとめ

昔はお金を借りるとなると、気合いを入れて書類をたくさん集めなければならなかったり、わざわざ窓口まで出向いたりする必要がありました。

さらには審査まで時間がかかったり、罪悪感や後ろめたさなどを引きずったりしていましたが、最近は無担保で、しかも免許証一つで簡単に借り入れができるため、お金を借りることのハードルがかなり下がってきました。

そうであるからこそ、本当に必要な時を見極めて、なるべく給料や貯蓄で賄うことを前提に、上手に各ローンやキャッシングのサービスとお付き合いしていきたいものです。

     
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。