学生&未成年で今すぐお金借りる方法!バイトしてない場合も解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
       

学生や未成年であっても、急にお金が必要になることはありますよね。

ただ、どの金融機関でも原則として未成年はお金を借りることができません。借り入れ対象を幅広く設定している大手消費者金融であっても、これは同じです。

では、学生や未成年の人がお金を借りるにはどうしたら良いのでしょうか?

ここでは学生がお金を借りるための条件とコツをはじめ、未成年の人がお金を借りる方法について解説していきます。

学生でも『成人』と『収入』の条件を満たせば借り入れできる

学生であっても、満20歳に達していれば申込みをすることはできます。

例えば、大学生や専門学校生の場合には、20歳を過ぎていて学生であるという人も多いでしょう。こういう場合には、消費者金融などへの申込み資格があるわけですね。

実際に大手消費者金融の掲げている申込み条件を見てみましょう。

こちらは大手消費者金融のひとつ、『プロミス』の申込み条件です。

ここで注意したいのが、2行目の文章。主婦や学生であっても、パートやアルバイトで安定した収入がある場合は利用可能という部分です。

つまり、20歳以上であったとしても、パートやアルバイトなどをしていて安定した収入がない場合には申込みをすることができないということです。

これが成人していることに加えて、学生がお金を借りるための2つめの条件です。

『安定した収入』ってどの程度のことを指している?

ここで疑問に思う人が多いのが、『安定収入』の定義です。安定収入と言われても、明確な基準がないと抽象的で判断に困ってしまいます。

ただ、この安定収入の判断基準は各社で異なっており、一律に語ることはできません。

ひとつ言えるのは、明確な金額が設定されているわけではなく、翌月も翌々月も安定して入ってくる収入なのか?というところが重視されているというのは確かです。

将来に渡って安定して入ってくる収入というのは、給与収入のようなものが典型です。働くことをやめない限りは、将来に渡ってある程度安定した収入が見込めますよね。

また、学生の場合には縁がないかもしれませんが、不動産収入などもこの安定収入に当てはまるとされています。

一方、安定収入でないものの典型としては、中古品などを売った際に発生する一時的な売却益や、国からの手当(年金や生活保護)などです。

アルバイトを始めてすぐでも借りれるの?

学生の場合で安定収入の条件をクリアしようと思ったら、アルバイトを始めるのがもっとも簡単です。

では、アルバイトをしてすぐにお金を借りることは可能なのでしょうか?

これついても各社、基準に開きがあるので一概には言えませんが、基本的にはアルバイトを始めてすぐに申し込みをすると審査には通過しないと言われています。お金を借りるためだけにバイトを始めたという人を避けるためにも、ある程度の勤続が必要なのは当然ですね。

ただ、キャッシングの借入審査の際には『どれくらい働いているか?』という勤続年数の調査はされません。職場に在籍確認の電話が来る程度で、重視されるのはあくまでも本当に働いているかどうか?です。

あまりおすすめできることではありませんが、多少勤続年数が足りてなくても、申込み時に『勤続年数1年』と書いて審査に通過したという人はたくさんいます。自己申告制なので、そこまで神経質にならなくても大丈夫でしょう。

アルバイトをしていない学生はどうしたらいいのか

20歳を過ぎていて、なおかつアルバイトをしていれば借りられる可能性が高いことはわかりました。

では、20歳は過ぎているけど、現在アルバイトをしていないという場合にはどうしたら良いのでしょうか?

まず最も簡単な解決策としては、アルバイトを始めることです。始めてその月にすぐにお金を借りることはできませんが、1ヶ月以上働いたら審査を受けてみてください。限度額は低めに設定されますが、多くの場合は審査に通過するでしょう。

もし、家庭の事情や学校の関係でアルバイトをすることができないという場合には、残念ながら金融機関からの借り入れは難しいです。借り入れ以外にも金策手段はたくさんありますので、他の方法を模索したほうが良いでしょう。

未成年の場合にもお金を借りる手段はあるのか

冒頭で、一般的に未成年の場合には金融機関からお金を借りることはできないと書きました。

しかし、金融機関からお金を借りることができないだけで、他のところからであればお金を借りることは可能です。

例えば、学費が賄えないというときには国や公共団体が用意している奨学金制度を使います。学生が借りられる奨学金の種類としては、日本学生支援機構などが実施しているもので以下のようなものがあります。

  • 第一種(無利息)
  • 第二種(利息が付くタイプ)
  • 入学時特別増額
  • 海外留学の奨学金

参考:日本学生支援機構『奨学金の種類』

このように、未成年の場合には用途に応じて適切な借入先を選択するしかありません。

もちろん、このような借入先は生活費や私的なことに使うためのお金をかりることはできません。学費や一部特別な条件を満たすことでしか支給されないということを知っておきましょう。

     
     
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。