【今すぐお金借りたい!】個人の借入マスターガイドライン

新着記事

『急にお金が必要になった!』、『あと数万円が支払いに足りない!』

こんなときに簡単な審査だけで今すぐお金が借りられたら便利ですよね。そこで、ここでは出来るだけ早く、かつコスパの良い借り入れ方法を解説します!

結論からいうと、一番おすすめなのは消費者金融のキャッシングを利用することです。もっとも審査が早く、個人でも大きな額を借りやすい傾向にあります。

近年は大手消費者金融のほとんどが最短30分などのスピード審査を行っており、今すぐお金を借りたい!という人のニーズに合ったサービスを提供しています。

当サイトおすすめキャッシング会社
今すぐお金を借りたい!という場合、当サイトがおすすめするのはこの2社です。

世の中にはさまざまな金融機関がありますが、借り入れまでのスピードや審査の通過率、金利、サービスの充実性などを総合的に考慮すると、この2つがもっともおすすめという結論になりました。

目次

対象別に今すぐお金借りる方法を見てみる

今すぐお金を借りたい!といっても、状況によっていろんな人がいると思います。実際、万人におすすめできるお金の借り方というものはなく、人によっておすすめの借り方は変わってきます。

ということで、ここでは対象別におすすめのお金の借り方を見ていきます。基本的には『なるべく早くお金を借りる』ということを念頭においておすすめの借入先を紹介しましました。

大至急でお金を借りたい人

金利や利便性、返済計画などはとりあえずなんでもいいから、とにかく早く大至急でお金を借りたい!という人の場合には、消費者金融がおすすめです。お金が借りれるか不安な場合であっても、とりあえず大手消費者金融の審査から受け、落ちてしまった場合に中小の消費者金融を利用するようにしましょう。大手消費者金融のほとんどは、即日融資に対応しており、審査スピードや振込までのスピードをとても重視しています。

さらに詳しく見てみる>>

なるべくお得にお金を借りたい人

今すぐお金は借りたいけど、できればお得に借りたいという場合には、銀行や国、公共団体の制度を利用するか、もしくは消費者金融でキャンペーンを実施しているところに絞って申込みをしてみましょう。ただし、注意したいのは銀行や公共機関は確かに金利は安いけど、審査が通るまでにかなりの時間を要するということです。また、審査が厳しく審査基準は高いと言えるでしょう。このように、確かにお得に借りることはできるけど、今すぐお金を借りれるわけではない!というところが悩ましいところです。そこで検討したいのが消費者金融。消費者金融は銀行や公共機関と比べると金利が高めですが、無利息キャンペーンなどを有効活用することでお得に借りれる可能性は十分にあるのです。

さらに詳しく見てみる>>

過去の延滞やブラックなどで借り入れに心配がある人

過去にクレジットカードやカードローンの延滞歴があったり、破産や債務整理などでブラックとなっている場合、新規の借り入れ審査はなかなか通りませんよね。ただ、そんな人でもある条件を満たすことで借り入れができる可能性もありますし、他の手段を選ぶことによって十分借入可能なケースもあるんです。また、このような方の場合には借り入れだけでなく、お金を作るということを全般に、幅広く手段を考えたほうがいいです。例えば、ポイントサイトや自己アフィリエイト、クラウドソーシングなど、ネットを使ってスキマ時間に稼ぐ方法はいくらでもあります。時間はかかるかもしれませんが、ブラックで借り入れに不安がある場合には検討してみるといいでしょう。

さらに詳しく見てみる>>

学生や未成年でそもそも借りれるか心配な人

学生や未成年の場合、基本的に消費者金融などではお金を借りることができません。もちろん、銀行なども同じで基本的に未成年は原則不可となっています。ただ、大手消費者金融では学生であっても未成年でなければOKというところも増えてきました。『学生であって未成年でない』というのは、具体例を挙げると大学生や専門学生の場合などですね。大学生や専門学生であっても、満20歳を超えていれば借り入れを受けられる可能性があります。一方、完全未成年の場合にはその用途に合わせて適切な方法を選択する必要があります。例えば、学費目的であれば学生ローンなどですね。

さらに詳しく見てみる>>

専業主婦の人

専業主婦も原則として銀行や消費者金融でお金を借りることはできません。これは大手消費者金融のほとんどが共通で設けている『安定収入があること』という基準に満たないためです。ただ、主婦であってもパートやアルバイトに出ているという人の場合にはお金を借りられる可能性があります。たとえお小遣い稼ぎ程度であっても、収入がある場合には審査を受けてみる価値があります。また、専業主婦でも収入を得られればお金を借りれるわけですので、お金を借りるために収入を確保するという手段もあります。上でも紹介しましたが、ネットを使ったクラウドソーシングサービスなどはその典型でしょう。

さらに詳しく見てみる>>

高齢で借りる場所に困っている人

大手消費者金融や銀行などでは、原則として申込みに年齢制限を設けています。基本的には20歳~69歳までを申し込みの対象年齢としており、これ以上の年齢になると申込み資格さえないという状況です。ただ、そんな高齢者の方でも借り方を工夫することでお金を借りられる可能性は十分にあります。消費者金融や銀行は無理でも、生命保険を利用したお金の借り方や土地などの有形固定資産を使った借り方など、さまざまな方法があります。

さらに詳しく見てみる>>

場所別に今すぐお金借りる方法を見てみる

お金を借りる場所ごとに、どんな方法があるのかを見ていきましょう。今すぐお金を借りたい!という場合には、基本的に消費者金融1択になるのですが、その他にもメリットや特徴はあります。ここでは3つの借入先を紹介していますが、それぞれの特徴を抑えて違いを知ることが大切です。

銀行

お金を借りる=銀行と想像する人も多いでしょう。銀行は個人向けにも貸付をしており、カードローンなどは有名です。銀行のメリットとしては、とにかく金利が安いこと。一方、デメリットとしては審査が厳しく長いこと。これを踏まえてまとめてみると、『銀行は審査が厳しく長いけど、通れば金利が安くメリットは大きい』と表現できますね。

さらに詳しく見てみる>>

消費者金融

消費者金融も銀行に続いてポピュラーな借入先ですね。消費者金融にも大手と中小がありますが、基本的には大手からの借り入れを先に検討したほうがいいです。確かに中小消費者金融は大手よりも審査に通りやすいという傾向はあるものの、大手で受けられるようなサービスや特典はありません。例えば、大手がこぞって導入している無利息キャンペーンなどはその典型で、中小消費者金融ではこの恩恵を受けることはできないのです。

さらに詳しく見てみる>>

国や政府、公共機関

国や政府、公共機関で提供されている制度を利用してお金を借りるのはもっとも理想的と言えるでしょう。しかし、これは銀行よりも厳しい傾向にあり、審査期間もかなり長期になる傾向があります。ブラックですべての借り入れ手段が絶たれてしまったという場合には、国で提供されている制度を利用するしかありませんが、余程生活に困窮していない限りはなかなか通らないものだと思っておいたほうがいいでしょう。

さらに詳しく見てみる>>

手段別に今すぐお金借りる方法を見てみる

ひとくちにお金を借りると言っても、いろいろな手段があります。以下では、お金をかりるための手段ごとにどのような方法があるのかを見ていきましょう。人それぞれ置かれている状況は違いますので、自分にあった理想の手段を見つけてみてください。

ネットでお金を借りる

インターネットを利用してお金を借りる方法です。現在はスマホやタブレットなども普及していますので、『お金を借りたい!』と思ったときに、どこでもすぐに借りられるというメリットがあります。この迅速性や利便性という点では、ネットでお金を借りる方法が最強と言えるでしょう。

コンビニでお金を借りる

コンビニでお金を借りるというのは、具体的にいうとコンビニATMを使ってお金を借りる方法です。コンビニATMとはいろんな金融機関が提携を結んでいますが、そのなかでも大きなシェアを締めているのが大手消費者金融です。大手消費者金融のほとんどは、利便性を追求してコンビニATMを利用することで24時間365日の借り入れを可能にしているところも多いんです。

生命保険を使ってお金を借りる

生命保険を契約している人の場合には、その返戻金を担保にお金を借りることができます。イメージ的には返戻金の一部前借りのような感じですね。ただし生命保険を契約している人、全員が対象になるわけではなく、そこには厳密な基準が設けられています。これをひとつずつ確認して、条件をクリアしているなと思った場合には是非利用を検討してみるといいでしょう。

店頭でお金を借りる

銀行や消費者金融の店頭に行き、直接借り入れ申込みをする方法です。銀行の場合は有人の受付になりますが、消費者金融の場合には無人借り入れ機という非常に便利なものもあります。人と合わずにお金を借りたいけど、ネットを使うことができないという方の場合には、ぜひ無人借り入れ機などを利用して審査を受けてみるといいでしょう。

土地を担保にお金を借りる

土地や建物などの有形固定資産を持っている場合には、それを担保に入れることによって比較的大きなお金を借りることができます。この借入方法のなかには、スモーリバゲージという特殊な方法もあり、70歳以上の高齢者であってもお金を借りれる可能性があります。消費者金融や銀行と違うのは、土地などの有形固定資産を担保に入れるため、かなり大きな金額を借りれる可能性があるということです。

さらに詳しく見てみる>>

グレー&ブラックな手法でお金を借りる

基本的に推奨はしませんが、世の中には怪しいグレーな金策手法というものがいくつもあります。例えば、グレーな手法でいうと、

  • クレジットカードのショッピング枠現金化
  • チケットの転売
  • 掲示板での個人間借り入れ

などがあります。どれも法律的に明確な罰則規定はないものの、規約や条例などに違反するといったグレーな手法になります。一方、ブラックな手法としては『闇金』などがそれに該当しますね。お金に本当に困っていると冷静な判断力を欠いて利用してしまう人もいますが、冷静になって今一度考えてみましょう。借りたあとに辛いのは自分自身です。

金額別に今すぐお金借りる方法を見てみる

今すぐお金を借りたい!と思っている人のなかには、『数万円といった少額だけでいいんだけど。。。』という人もいれば、『一括でできるだけ大きな金額を借りたい!』という人までたくさんいるでしょう。そこで、以下では借りたい金額別におすすめの手段をまとめておきました。

1~5万円

1~5万円程度の少額であれば、基本的には消費者金融の無利息キャンペーなどをうまく利用するのが一番オトクで、なおかつ迅速に借りることができます。そもそも消費者金融は審査が早いことで有名ですし、これくらいの少額であれば翌月までに返済できるという人も多いでしょう。その場合には、消費者金融の無利息キャンペーが適用され、期限内に返済することができれば利息0円でお金を借りれてしまうことになります。もしくは、親族などでお金を貸してくれる人がいる場合には、その人にお願いしてもいいかもしれません。ただし、こういった個人間の貸し借りは大きなトラブルを招く恐れがありますので、借り入れする間にしっかりと自分に返済能力があるかを見極めましょう。

5~10万円

5~10万円という場合も、一般的な消費者金融で借りるのがベストです。早く返せるという場合には、上で解説したように無利息キャンペーを利用してもいいですし、返せないという場合でも今すぐお金を借りたい場合には消費者金融の審査スピードは大きな魅力になるはずです。ちなみに、このくらいの金額になると個人間の貸し借りはやめたほうがいいです。このあたりの金額から大きなトラブルになる傾向にあり、おすすめできません。

10~30万円

初めて大手消費者金融に申し込んだ場合に設定される限度額がこのくらいの金額です。20歳以上の学生の場合には10万円程度、一方サラリーマンなど正社員として安定的な収入がある場合でも、初回は30万円程度に落ち着くことが多いようです。もし、自分の経歴やステータスに自身があるという場合には、銀行などの審査を受けてみてもいいかもしれません。

30万円以上

30万円以上になってくると、初回から貸してくれるところはかなり少なくなります。基本的には一発目からこれくらいの大きな金額を借りることはできないと思っておいたほうがいいでしょう。ただ、有形固定資産などの担保がある場合には、それなりに大きな金額をかりることができることもあります。場合によっては100万円や500万円という金額を借りられる可能性もあるので、大きな金額が必要な場合には是非検討してみるといいでしょう。

申し込む前に知っておいてほしい!借り入れをする上で注意すべきポイント

冒頭でも紹介したように、『今すぐお金を借りたい!』という場合には、消費者金融を使うのがベストです。そのなかでも、国内最大手であるプロミス、もしくはアコムがおすすめでしょう。

ただし、これらの会社に申し込みを行う前に知っておいてほしいことがあります。いずれも大手であるため信頼性は高いのですが、申し込み方や使い方を間違ってしまうと審査落ちをするどころか数年間借り入れができなくなってしまうなんてことも。。。

そこで、キャッシングを利用するうえで最低限知っておいてほしい注意点を以下にまとめておきました。

  • 個人情報は正確に記載すること
  • 申し込み時の希望額は最低限必要な額にすること
  • 会社ごとの特徴を知って自分に最も合った会社を利用すること

どれも当たり前のことではありますが、意識していないと意外とやりがちなミスもあります。

個人情報は正確に記載すること

基本中の基本ですが、申し込みの際に記載する個人情報は正確に記入しましょう。ここに誤りがあると、審査が長引きます。

また、もし虚偽の記載をした場合などについては審査落ちするだけでなく、申し込み先の会社からブラック(いわゆる社内ブラック)認定されてしまう可能性もあります。社内ブラックになると、同じ会社に申し込みをしても審査に通過する可能性は極めて低くなります。

よくあるのが、『収入の欄は高めに書いておいた方が審査に通りやすくなるんじゃないの?』という理由で収入を多めに記載するケースです。当たり前のようにやっている人もいますが、程度によっては虚偽申告として扱われるケースもあります。端数を繰り上げる程度ならまだしも、倍近い金額を記載するというのはNGです。

虚偽申告として扱われなかったとしても、修正を支持されたり、電話がかかってくるという余計な手間と時間を省くためにも、個人情報は正確に記載するように心がけましょう。

ちなみにですが、必要最低限の金額にした方がいいと聞いて『借入金額が少なすぎると金利が高くなるのでは?』と思う人も多いと思います。確かに少額の場合にはほとんどが上限金利ギリギリが適用されるでしょう。しかし、大手消費者金融が独自に行っている無利息キャンペーンを上手く使えば、実質金利0で借入することもできます。

この部分については、以下の記事の『消費者金融のカードローンの無利息期間はおすすめ』という項目で詳しく解説しているので参考にしてみてください。
参考:消費者金融で低金利でお金借りるなら消費者金融?それとも別の手段?

申し込み時の希望額は最低限必要な額にすること

申し込み時に希望額の欄に記載する額は、直近で必要な金額を書くようにしましょう。『余裕をもって多く借りておこう』などという理由で、希望額を高めに記載して申し込みをしてしまうと審査に余計な時間がかかる可能性があります。

各金融会社のサイトを見てみると、『上限額』という金額が記載されていますが、これはあくまでもその金融会社が1人の個人に出せる融資額の上限ということであって、誰もがこの上限額を借りれるわけではありません。(むしろ、ほとんどの人は上限近くの金額を借りれることはないと思ったほうがいいでしょう)

収入や資産状況などから判断して返済能力が十分にあると判断された場合には上限いっぱいを借りれる可能性もありますが、基本はその都度必要な分だけ借りるのがベストです。直近で30万円足りない!という状況なのであれば、欲を出して希望額に『50万円』などと書かずに、『30万円』と素直に書いておいた方が審査は早く終わります。

会社ごとの特徴を知って自分に最も合った会社を利用すること

日本国内だけを見ても、個人にお金を貸し付けている金融会社は山ほどあります。当サイトでは、このなかでも大手消費者金融に分類される5社=『プロミス』『アコム』『アイフル』『モビット』『レイクALSA』のなかから選ぶのを推奨していますが、実はこの5社、一見するとそれほど違いがありません。

さすがは大手といった感じで、どの会社を選んでもサービスや金利面は横並びといった感じなのです。

ただ、そのなかでも若干の特色はあるため、この会社間の違いを押えることがポイントになってきます。微妙な違いではありますが、せっかく借りるなら少しでもいい条件で借りたいもの。そのためには違いに意識して自分にあった会社を選択してください。

ちなみに、『多少の違いはめんどくさいからとにかく急いでる!』『いい条件の整っている会社でお金を借りたい!』という場合は、上で紹介した『プロミス』『アコム』を選んでおけば間違いないでしょう。

お金を借りるための最善の手段を考えよう!賢い人はどう借りる?

お金を借りると一口に言っても、いろいろな手段があります。

  • 銀行から借りる
  • 消費者金融から借りる
  • 知人、友人から借りる
  • 公的制度を利用して借りる

パッと思いつくだけでも、これらの手段が出てきます。もちろん、人それぞれ置かれている状況は違いますので、自分が一番借りやすいと思うところから借りればいいのですが、注意したいのは『できるだけ個人間での貸し借りはやめておく』ということです。

というのも、個人間の貸し借りはトラブルになる可能性が極めて高く、最悪の場合、その人との関係まで破綻してしまう可能性があるためです。

個人間の貸し借りで起こるトラブルは数知れない

友達や親戚、親族などにお金を借りる個人間の貸し借りでは、毎年多くのトラブルが発生しています。

実際、法律事務所や司法書士事務所などでも、これらのトラブルに関する相談は後を絶たないといいます。

仲の良い友人や近い親族の場合には、無利息でお金を借りることも可能かもしれません。これを考えると、銀行や消費者金融を利用するよりもメリットは大きそうに思えます。

しかし、少しでも返済が遅れたり、返せなくなった場合には相手からの信頼を失い、人間関係のトラブルに発展する可能性が極めて高いといえます。

今まで培ってきた大切な人間関係を破綻させないためにも、お金を借りるときには専門機関から借りるのがおすすめです。

大手消費者金融がおすすめの理由とは?

専門機関のなかでも、銀行消費者金融が一般的ですね。この2つを比較したとき、金利だけで見れば銀行の方が低い傾向にあります。

そのため、コストパフォーマンスだけを考えると銀行に軍配が上がるのですが、銀行系のキャッシングは審査基準がかなり高めに設定されていることに注意が必要です。

また、審査にかかる時間が長く、大手消費者金融の審査と比較すると1週間~2週間以上遅いなんて言うこともザラです。今すぐお金を借りたい!と思っている人にとっては、この審査スピードの遅さはかなりネックになるでしょう。

ちなみに、最後の公的機関という手段は銀行以上にハードルが高く、適用条件が厳しいことが多いです。余程生活に困窮しているという場合以外には、なかなか利用するのは難しいと思っておいた方がいいでしょう。

消費者金融なら24時間コンビニATMでのキャッシングも可能に

上では銀行に比べて金利は多少高めであるものの、審査の柔軟性と審査スピードという点で消費者金融が優れているということを解説しました。ただ、実はこれ以外にも大手消費者金融を利用するメリットはあります。それが借り入れ場所や借り入れの時間帯を選ばないというところです。

大手消費者金融はそれぞれ各コンビニと提携を結んでおり、コンビニに設置されているATMから24時間お金を借りられる仕組みになっています。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどのコンビニがあれば、深夜急にお金が必要になったという場合や、明日の朝急遽お金が必要になってしまったというような場合でも迅速に好きな金額を引き出すことができるわけです。

事前にお金が足りなくなるということがわかるのであれば良いですが、多くの場合お金が足りなくなるのは急ですよね。家賃や携帯料金、税金などの支払いが急にやってきて、意図せずお金が足りなくなってしまったという状況がほとんどかと思います。

このような急を要する状況であっても迅速に借りやすい仕組みが整っているというのは大手消費者金融の大きな魅力のひとつなんです。

ちなみに、大手消費者金融の魅力のひとつとして無利息キャンペーンというものもあります。消費者金融は金利面で不利だと思われがちですが、このキャンペーンを上手く利用することによって銀行よりも安い金利でお金を借りることができるかもしれません。この部分については消費者金融で低金利でお金借りるなら消費者金融?それとも別の手段?という記事で解説しています。

消費者金融以外だとどんな借入先がある?

『とにかく急いでお金を借りたい!』という人がいる一方で、『審査時間が長くかかっても、少しでも安くお金を借りたい!』という人もいるでしょう。そんな人のために、金利が安い消費者金融以外の借入先を紹介しておきます。

消費者金融以外で個人がお金を借りる場合、借入先として考えられるのは以下の2つです。

  1. 銀行
  2. 公的機関、国

どちらも魅力は金利です。銀行系カードローンと消費者金融の上限金利を比べてみると、平均して2~4%程度低い設定になっています。

一方、公的機関や国が実施する貸付制度を利用した場合も金利は銀行以下という場合が多いです。なかにはほとんど無利息で借りられるような制度もありますが、当然そのぶん審査の基準は高くなります。

ちなみに、前述しているとおり、金利は低くても銀行、公共機関(国)共に審査に係る時間はかなり長いです。そのため、即日融資を希望している場合には間違っても申し込まないように注意しましょう。

あくまでも金利をとにかく安く抑えたいという場合に検討するようにしたほうがいいです。

平日以外、もしくは営業時間後だけどお金を借りたい!

いくら審査の早い消費者金融とはいえ、営業時間を過ぎれば即日融資はできません。各社開きはありますが、多くの消費者金融では平日の14時までに『申し込み』『審査』『振込依頼』をすれば即日融資可能という規定になっています。

もし14時を過ぎてしまった場合や土日祝日にお金を借りたいという場合には無人借り入れ機が便利です。

例えば、アコムの無人借り入れ機である『むじんくん』は平日・土日関わらず8時~22時まで営業しています。

以下、銀行を含めた各社の無人借り入れ機の営業時間をまとめておきました。

※スマホでご覧の方は横にスクロール

会社名(名称) 営業時間 備考
アコム(むじんくん) 8:00~22:00 土日・祝日も同様
アイフル(契約ルーム) 8:00~22:00 土日・祝日も同様
プロミス(自動契約機) 9:00~22:00 土日・祝日も同様(一部21時)
SMBCモビット(ローン申し込み機) 08:00~21:00 土日・祝日も同様
三菱UFJ銀行(テレビ窓口) (平日)9:00~20:00
(土曜・祝日)10:00~18:00
(日曜日)10:00~17:00
カード受け取りに運転免許証必須
三井住友銀行(ローン契約機) 9:00~21:00 土日・祝日も同様
新生銀行レイク(自動契約機) 8:45~21:00 第三日曜日は19:00まで

ただし、無人借り入れ機が置いてある場所や地域によっては営業時間に若干のずれがありますので、必ずお近くの無人借り入れ機の営業時間を確認するようにしてください。

無人借り入れ機の利用の流れ

無人借り入れ機で融資を受けるまでの流れは以下のようになります。

各社が謳う『最短30分』というのは、この申し込みから審査完了までにかかる時間の最短時間です。

また、本人確認書類は忘れずに必ず持っていくようにしましょう。運転免許証があれば確実です。

在籍確認が即日融資の最重要ポイント

無人借り入れ機を利用する場合でも、在籍確認は行われます。無人機の場合、この在籍確認が即日融資可能になるかどうかの重要なポイントなのです。

在籍確認が取れない場合でも消費者金融によっては融資可能と判断される場合もあります。ただし、限度額はかなり低くなります。10万円程度なら在籍確認無しでも借り入れできたというケースは多いようです。

在籍確認をスムーズに終わらせるためにも、勤め先の営業時間内に審査申し込みを行うことをおすすめします。

深夜に急遽お金が必要に!夜中でも借り入れできる?

無人機の営業時間も過ぎてしまっている場合、新規の借入申し込みをすることは基本的にできません。

ネットからの申し込みであれば24時間受け付けていますが、仮に夜中ネットから申し込んだとしても、それが受理されて審査が開始されるのは朝の営業開始後です。

ただし、過去に審査を受けていて、すでに契約済みの場合は24時間借り入れすることができます。

そのため、急にお金が必要になるということがあらかじめ予想される場合には、申し込みと審査だけでも早めに受けておき、いつでも借りられる体制を作っておくことが大切です。

24時間借り入れ可能なのは以下の2社です。

※スマホでご覧の方は横にスクロール

セブン銀行ATM イーネット、ローソンATM
プロミス (月曜)7:00~23:50
(月曜以外)0:10~23:50
(月曜)7:00~24:00
(月曜以外)24時間
アイフル (平日・祝日)0:00~2:00,3:00~24:00
(土曜)0:00~2:00,3:00~23:00
(日曜)7:00~24:00
全日24時間

もし『深夜にお金を借りたいけど、キャッシングの契約もしたことがない』という場合には、手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が付いていないかを確認してみましょう。キャッシング枠が付いている場合には、24時間借り入れ可能である場合も多いです。

在籍確認が心配な人必見!WEB完結できるところも

今のところSMBCモビットだけが行っているサービスとして『WEB完結』というものがあります。

これはその名の通り実際に窓口や無人機などに行くことなく、ネットのみで融資までを行うものです。

この『WEB完結』が凄いのが、なんと在籍確認無しで審査を行ってくれるという点。これは今までの消費者金融のサービスとしては考えられないことでした。

ただし、『WEB完結』の申し込みには以下の条件を満たしている必要があるので事前にチェックしておきましょう。

  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行に普通預金口座があること
  • 三井住友銀行または三菱UFJ銀行の普通預金口座をSMBCモビットからの振込貸付と返済に利用すること
  • 運転免許証またはパスポートの写しを提出できること
  • 現在の収入を証明できる書類(源泉徴収票など)の写しを提出できること
  • 勤務先を確認できる書類(健康保険証など)の写しを提出できること

このサービスはキャッシング業界を揺るがしたといわれるほど画期的なサービスでした。外出せずに家に居ながらにして融資を受けたいという場合にはぜひ利用してみるといいでしょう。

生活すら危ういという場合には公的機関を利用しよう

お金に困っているという人のなかには、目先の生活すら危ういという人もいるでしょう。もし急な出費などではなく、この先も返せる見込みが立たないというほど困窮している場合には、公的機関の制度を利用してお金を借りましょう。

もちろん公的機関を利用する場合であっても、返済する必要はありますので返済の見込み無しと判断されれば借入することはできませんが、一般的な借入よりも低金利かつ緩い審査で借入できる可能性があります。

生活福祉資金貸付制度

公的機関による低所得者への貸し付け制度として代表的なのが『生活福祉資金貸付制度』というものです。

この制度は各地方自治体が主体となって、低所得者や高齢者、障がい者などに生活資金を貸し付けてくれる制度です。具体的な支援金としては以下のようなものがあります。

※スマホでご覧の方は横にスクロール

総合支援資金 生活支援費
住宅入居費
一時生活再建費
福祉資金 福祉費
緊急小口資金
教育支援資金 教育支援費
就学支度費
不動産担保型生活資金 不動産担保型生活資金
要保護世帯向け不動産担保型生活資金
(※厚生労働省公式HPより一部引用)

お金が必要な理由はなに?目的を明確にしよう

単純に生活のためのお金や直近の大きな出費に対してお金が必要になったという場合にはキャッシングがおすすめですが、目的や理由によっては別の手段を選んだほうがいい場合もあります。

お金が必要になるケースをざっと挙げてみると以下のようなものが想定できるでしょう。

  • 生活費
  • 事業資金(設備投資や運転資金など)
  • 学費、教育費
  • 引っ越し費用
  • 車の購入費用
  • マイホーム購入費用
  • 示談金などのためにお金が必要

このなかでも、生活費以外のものについては専用のローンを組んだ方が便利である可能性が高いです。

例えば、車であればマイカーローン、マイホームであればマイホームローンなどです。事業資金についても、日本政策公庫や信金、地銀などからの借入を考えた方が基本的に多額の資金を借りることができるのでそちらの方があっています。

このように、必要となるお金の用途によって金策の仕方も変わってくるため、目的ははっきりとさせておくことをお勧めします。

闇金などのグレーな方法は絶対にやめよう!

『目先のお金に困っている場合、手段なんか選んでられない!』って思ってしまいがちですよね。そんな状況でついつい闇金など非合法的なところからお金を借りてしまったという人は意外とたくさんいます。

ただ、そのような手段では目先のお金の悩みは解決しても、根本的な悩みの解決にはなりません。

『そんなことわかってるよ!でも今すぐどうにかしないと!』と焦る気持ちも分かりますが、当サイトで紹介した内容を参考にしながら今一度立ち止まって正しいお金の作り方を考えてみましょう。

ショッピング枠の現金化もグレーです!

借り入れができない人を対象に行われるショッピング枠の現金化もグレーな手法になります。

ショッピング枠の現金化というのは簡単にいうと、クレジットカードのショッピング枠を業者を通して現金に替えることを言います。

手法はさまざまですが、クレジットカードで金券などを購入し、それを売却して現金を手に入れるというのが常套手段です。こうすることで、キャッシング枠がない人や新規の借入ができない人などでも現金を作り出すことができるというカラクリなわけです。

一見すると何の違法性もないように見えますが、これは明らかなクレジットカード規約違反です。

確かにこの行為自体は法律では禁止されていないものの、クレジットカードに入会するときに同意する『会員規約』には禁止事項として明記されています。


一般社団法人『日本クレジット協会』ホームページから一部キャプチャ

ちなみに、各カード会社の規約を見るまでもなく、日本クレジット協会のホームページには上記のような注意書きがしっかりと明記されています。

もしショッピング枠の現金化をして、規約違反がカード会社にばれた場合には、そのカードの会員資格を失うだけなく他のカード会社のカードも発行できなくなる可能性がありますので絶対にしないようにしましょう。

ユーザーおすすめ消費者金融ランキング

実際にお金を借りた利用者が『なるべく早くお金を借りるならどこがおすすめか?』という視点で選んだ大手消費者金融をランキングしました。

ぜひ借入先を選ぶ際の参考にしてみてください。

プロミス

プロミスの特徴

  • 大手消費者金融のなかでも低金利
  • 初回利用日の翌日から30日間無利息
  • 地銀ATMも利用可能など返済の利便性が高い
  • Web完結サービスあり
  • おまとめローンの金利が高く限度額も低い
実質年率 4.5%~17.8%
限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間融資

アコム

アコムの特徴

  • 審査最短30分、借入最短60分など即日融資に積極的
  • クレジットカード機能付きカードローンを発行(国内唯一)
  • 女性専用ダイヤルを設置
  • 提携ATMの利用で手数料がかかる
  • 借入日ではなく契約日の翌日から30日無利息
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
最短融資 最短1時間

SMBCモビット

SMBCモビットの特徴

  • スマホでセブン銀行ATMが利用出来る
  • WEB完結なら在籍確認無し
  • 10秒簡易審査が使いやすい
  • 無利息サービスがない
  • スマホATM取引は手数料無料ではない
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査可能
最短融資 最短即日